2021-12-29

牛乳パックと空き缶で。フラワーアイスキャンドルをつくろう。

氷の中にお花をとじこめる「アイスキャンドル」って知っていますか?
幻想的な雰囲気でとっても素敵なんです。
紙コップや、空き缶、お庭やプレゼントのお花などで、冷凍庫でも作ることができるんです!
とってもお気に入りなのでご紹介させてくださいね。

 

こんにちは。多肉植物や植物をつかったハンドメイドのある暮らしがスキなhanaです。
ほっこりしたり、贈り物にできるようなハンドメイドを紹介しています。

 

昼間に散歩をしていると、霜柱をたくさんみつけました。
今年は都内でも氷点下になったとか・・・
寒いはずですよね・・
ペコとの散歩時間が、ついつい短くなってしまいます。

 

でも、イヤなことばかりではなくて。
雪の多い地方でしかできないと思っていた「アイスキャンドル」がおうちで作れちゃうかも?
だとしたら、ちょっとワクワクしちゃうかも。と思いました。

 

気温がマイナスになる日が連続できそうなら。
挑戦したいなぁと思います。

まずは、冷凍庫で確実にできる!方法を ご紹介しますね。

 

アイスキャンドルの材料は基本的には買わないで揃える!

アイスキャンドルの材料は?

・大きめの紙コップかヨーグルトなどの容器
・スチール缶
・輪ゴム
・封入する植物

これだけでOKです。買わないで身の周りのものを使うっていうのがいいでしょ。
おうちにあるものをリサイクルして楽しくハンドメイドしたいです♪
スチール缶より低いものなら紙コップでなくても、牛乳パックなどでも大丈夫です♪

フラワーアイスキャンドルの作り方

まずは、封入する植物を摘みとります。
葉っぱや根がついたままや、枝付きでも素敵ですが、今回は花中心に集めました。

ビオラやパンジー、アリッサム。花色がきれいでとっても華やかですよね♪

 

次に、紙カップの中にスチール缶を入れ、十字に輪ゴムをかけて固定します。

 

コツはカップの上と下、合計8か所に切込みをいれること。
切り込みにゴムをひっかけると滑らずにうまくはまりました♪

 

そして、お花をカップとスチール缶の間に入れていきます。
半分くらいいれたら、水を注いでいきます。

 

先に水を全部いれると浮いてしまうので、注意してくださいね。
花を入れてから、水、その後花、水と、様子を見ながらいれるといいカンジになります♪

その後冷凍庫に入れ固めたら完成です。

 

氷が固まったら、型からはずそう。

まずは、スチール缶の中にお湯をそそぎます。
すると、するっとスチール缶がぬけます。

その後にまわりのカップをやぶいて外します。

 

↓↓ こんなカンジです。(これは、牛乳パックに千両や万両をいれてフラワーアイスキャンドルを作っています)

 

フラワーアイスキャンドルの完成です♪

 

型からはずすと、フラワーアイスキャンドルの完成です。
色鮮やかで、神秘的な雰囲気なキャンドルができました♪

中にLEDのティーライトをいれて灯してみました。
さっきとはまた違ったロマンチックな雰囲気ですよねー。

お部屋だと溶けやすいので、ベランダでゆっくり楽しみました♪

 

おうちでほっこり楽しむのも、パーティなどに並べるのも◎なこのキャンドル。
簡単なのでぜひぜひ、作ってみてくださいね
カップから取り出すとき、とっても感動すると思います♪

長々と、また読んでくださりありがとうございました♪

 

・・・

不定期ですが、ネットショップやイベント出展などをしています。
(2022年からイベント出展再開予定)
よかったら、メルマガ か LINEに登録してくださいね。

他、SNSもやっています。
見やすいところでフォローしていただけたら嬉しいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA