2022-09-13

まつぼっくりで「おうち」「はりねずみ」「かたつむり」の作り方♪

こんにちは。hanaです。以前つくった「まつぼつくり」のおうちと「はりねずみ」
それから、「かたつむり」
多肉の箱庭においてみたらとっても可愛いので、また作り方載せちゃいますね。
よかったら、作ってみてくださいね。

 

マツボックリで「おうち」「はりねずみ」「かたつむり」の作り方♪

まずは、材料。つかうのは、

・まつぼっくりと、粘土!

普通に工作でつくるなら紙粘土でいいかな。
(ダイソーやセリアなど。100円ショップにありますよね♪)

わたしは外に飾れるように、乾くと耐水性のある粘土を使っています。

ひなたぼっこ 白土 

まつぼっくりで「おうち」を作ってみます!

まずは、松ぼっくりを一枚一枚ペンチで分解していきます。
まつぼっくりは湿度があると閉じて、乾燥すると開くので、乾燥しているものを使うと分解しやすいです。

ねじるように根元から長めに引き抜くと後からの作業が楽になりますよ。

綺麗に引き抜けなくても後ではさみで整えればいいし、短いものも使えるので気にせず抜いていきます。

粘土を円錐型に整えて、下から分解したまつぼっくりを挿していきます。
まつぼっくりの根元部分にうっすらボンドをつけて挿すといいですよ。

 

上までまつぼっくりを挿したら完成です。
小人のおうちみたいでとってもかわいくできました♪

 

ガーデンビックにする場合は2mmくらいの丸棒や串、ワイヤーにさすと使いやすいです!
耐水性のない粘土の場合は、ニスなどで塗装するのがおススメです!

 

「かたつむり」や「はりねずみ」を作ってみよう。

同じ要領で、はりねずみや、カタツムリを作ってみました。
どれもとっても可愛いでしょー。

と、自画自賛です!!

 

小さなまつぼっくりは「セリア」や「ダイソー」でも手に入るのでぜひ作ってみてくださいね。
いろんな大きさの「まつぼっくりのかたつむり」を作ってもかわいいかも~。

 

 

秋はとっても楽しい♪

まつぼっくりだけでなくって「どんぐり」などでも、かわいい工作ができるので。
また紹介させてくださいね♪

そして、

今週は、多肉のワークショップをやります!
用意がまだなのだけど、、、当日楽しめるようにかんばります!!

 

ブログはのんびりだけど、インスタグラムは割と更新しているので、
よかったら、インスタグラムをみてくださいね♪

a piece of dream*のインスタグラム

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA